ビフォーアフターはこちら

単色とミックスチークですが、
・単色
・ミックス(色味違い)
・ミックス(チーク×ハイライト)
などがありますよね

 


単色のメリット
・発色が鮮やかである→若い印象が出やすい(深い色の単色は別)
・発色が濃い

単色のデメリット
・1パターンの色味の再現のみ
・パールが入っていないものだと、(写真でなく)実際に見た時に
どこか平面的な印象になったり、頬の丸みが出にくい

単色デメリットの解消方法
・平面的になる場合は、チークの上部分にハイライトをのせると立体的になる

シャングリラ


ミックス(色味違い)の場合
ミックス(色味違い)のメリット
・混ぜる・混ぜないで色味を変えられる、混ぜる割合でも色味を変えられる
・肌に乗せる時もチークの上側はオレンジ、下側はピンク
内側はオレンジ、下側はピンク、といった風に変化をつける事ができる

ミックス(色味違い)のデメリット
・鮮やかさの度合いが落ちる(ビビット×ビビットであれば鮮やかさは保てる)
ので落ち着いた印象にはなるが、若さみたいなところは少し出にくい


ミックス(チーク×ハイライト)の場合
ミックス(チーク×ハイライト)のメリット
・全部混ぜて使うと、塗っている部分自体がふわっと立体的になる
・部分的に分けて使うと、そのままチークとハイライトとして使える
・ハイライトは白っぽいものが多いので、混ぜると色味がマイルドになり可愛い感じになる

ミックス(チーク×ハイライト)のデメリット
・色味が淡くなるので、発色が悪いと感じやすい
・白っぽくなるので、色によっては”浮く”可能性がある

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ちなみに・・・

この混ぜている感じと単色の感じって理論はわかるけど実際見え方って変わるの
ほとんど変わらなくない?

と思われるかもしれないですが、

実際そこまでメイク全体を通して考えると、気にする優先順位は低いです。

 


でも、イメージしていただくと分かりやすいのが床やテーブルです。床やテーブルをイメージしていただいて、それが木材だとしますよね。

で、全く色の変化のない1色の床やテーブルと、複数の色が混ざっている床やテーブルだと
どんな風に印象が変わると感じられますか?

単色の方
・新品・フレッシュな感じ・平面的に見える
色が混ざっている方
・奥行きを感じる・立体的に見える・厚みが増す

こんな風に印象の変化が出ます。
チークの色みを変えただけでこの印象の変化を実感することは難しいのですが、
例えばチークを数色使うパターンをずっと続けていて、急に単色チークを使い始めると
あれ?こんなにぺたっとなっちゃうかな?という感覚が生まれる程度です。

 


印象の特徴を分けるとこんな感じになります。

意識しないけれど、なんとなく疑問に思う人も多い
”チーク問題”

自分の顔で実践してみましょう!

ポーチ

 


骨格分析、ワンデイレッスンなどは引き続き人気です!

 

ご予約はこちらから

メイクのお仕事をしたい方へもカリキュラムをご用意しておりますので、

ぜひお問い合わせください!