ビフォーアフターはこちら


お客様の中で
”毎日同じ眉が描けない”というお悩みがある方がいらっしゃいます。

みなさんもそう思ったことはありますか?

左右同じ眉が描けない、というのは、
美しく見せる上でできるだけ対称に見えた方が良いので
解消すべき、というのは正解。

だけれど、
”毎日同じ眉が描けない”というのは

少し違う。

 


 

”毎日同じ眉を描かなくては!!”

という意識の背景には

”自分の顔に似合っているたった一つの眉があり、それを毎日再現したい”

という固定観念のような意識からくるもの。

 


髪型だって365日同じ髪型にする人は少ないでしょう。

少し伸びたらスタイリングを変えたり

おさまりの悪い日は結んでしまった方が楽だったり。

 

それでも”自分”らしくいられるし、その日の

いろんな状況を踏まえての”一番ベターな”髪型だったりする。

 


 

眉毛も同じで、

毛なんだから毎日少しずつ伸びているし、

着る服が変わればちょっとリップを変えたり、と
メイクを変える場合もある。

 

 

そうすると眉だって

パウダーだけで全体的に色付けをし、

欠けて見える部分にだけ足したり

きっちりペンシルで濃く描いて全体的に細く長く大人っぽくしたり。

 


 

43C14CA8-3B74-478A-A312-F98C44B17EC8

 

これは私なんですが、

髪型もよく変えるのでメイクを変えることになり、

結果眉も変えます。笑

 


 

 

ここで大切なのは、”どうなるとどうなるのか”
がわかっているということ。

【かわいい・若い】という印象と
【きれい・大人っぽい】という印象を対極にして考えるとこのようになります。

 

スクリーンショット 2018-03-20 11.58.23

 

あとは、形に関しては、

ストレートが良いのかアーチが良いのか

などありますが

それよりも、曲線が滑らかになっているか

の方がずっと大事。

 

 

毛が長くてもっさりしていると形も整わないし

ガタガタしているとそもそも何型の眉なのかということにもなります。

 

それよりも、眉の輪郭がなめらかになっているかどうか

を意識してみてください!

ブラシ
 


 

最初の問いに戻りますが、

毎日同じ眉を目指す必要は全くないので、

いろんなシチュエーションにそれなりに合わせながら
楽しく描くことを意識してみてください!


クービック予約システムから予約する


当店では、マンツーマンで
・お顔の骨格分析
・パーソナルカラー診断
・メイクレッスン”を行っています。

気になる方は、まずはビフォーアフター(こちら)
をご覧ください