ビフォーアフターはこちら

いろんなものの”ぬけ感”という言葉が定着している今、
時代的には、軽さが好まれています。

 


まつ毛エクステも今は自然に見えるものが好まれていますし

カラコンもつけているかいないかわからないものに人気が集まっています。

そんな中、マスカラを大量にのせないと気が済まない。。

というタイプの方は

どうしても目元を印象的に見せたい、はっきりさせたい、大きく見せたい

という思いがあるのではないでしょうか。

 


過去の私も同じタイプで、
とにかくマスカラで目力を出したい、と思って

重ねに重ねてひじきのようなまつ毛でした。。

そして、今思えば、アイメイクを行い、マスカラを塗る直前の目元は

”キワをしっかり濃い色で引き締める”ということができていなかった為、

どんなに重ねてもぼんやりしていて、それをマスカラによって解消しようとしていました。
IMG_0832

 


キワの引き締めができていない、というのは下記のような状況のこと。

・一番キワに塗る色の濃さが足りない。(ライトブラウンなどを使うと、抜け感は出ますがぼやけます)

・一番キワに塗れていない(まつ毛の根元あたり一帯をきちんと塗らないと、キワが明るいという不自然な現象に)

・一番キワに塗る色が細すぎる(二重の幅が広い方などはある程度塗らないと、ぼんやりした印象が解消しません)

 


いかがでしょうか。
思い当たる節があれば、まずこれらを解消して、マスカラなしでも

ある程度の目力が出せるアイメイクの方法を身につけましょう。

具体的には上記の逆を行う、ということです。

 


・キワに塗る色を黒に近づける。(アイシャドーもそうです。単色で売っているものもあります)

・一番キワに塗れるように、自分のペンの持ち方、鏡の見方を変えてみる。
(このあたりは要練習ですが、鏡と自分の顔の間に手があると見えないので、見える角度を探しましょう)

・キワに塗る色を太くする。(アイシャドーの場合はブラシの動かし方を変える。アイラインの場合は
一度に全部引く必要はないので、少しずつ書き足して太さを出してみましょう。

 


これらを意識することで、だいぶマスカラ前に目力がついてきます。

なので、マスカラを濃くする必要性をあまり感じなくなるのです。

なので、まつ毛が下がってきた、カール力がキープできない、
といった問題を気にすることも少なくなります。

ぜひ、”ひじきまつ毛”さんは試してみてください(^ ^)

IMG_0084_s

 


骨格分析やメイクレッスンは現在9月のご予約を承っております。
気になる方は
ぜひご予約ください✨


一般の方向けレッスンは骨格分析+5回レッスンが一番人気です(^ ^)

ご予約はこちらから
ご予約ご希望の場合、かならず注意事項も合わせてご覧ください。

 

メイクのお仕事をしたい方へもカリキュラムをご用意しておりますので、

ぜひお問い合わせください!

 


当店では、マンツーマンで
・お顔の骨格分析
・パーソナルカラー診断
・メイクレッスン”を行っています。

気になる方は、まずはビフォーアフター(こちら)
をご覧ください