ビフォーアフターはこちら

このシーズンは卒業式が各地でされていて
4月になれば、入学式、ですね!!

それに伴って
参列する方達も準備が必要だと思いますが、
服やカバンや靴は買えばいいけど、
メイクってどうしたらいいの?

というご相談を先日いただきました。

そこで今回は
「式に参列する時にメイクで気をつけること」です!

お祝い
”40代、メイクをほとんどしないママさん”
をイメージして書きました!



事前予行をする

まずこれは大事。
できたら時間を測って、当日メイクにどのくらい必要なのか
知っておきましょう。

普段メイクをしない人ほど、メイクにかける時間を
計算に入れないので
「当日10分でメイクしなきゃ間に合わない」
みたいなことになりかねません。。

当日「リップの色が濃すぎる」とか
「ファンデが浮きすぎている」なんてことも
起こりうるので、きちんと事前予行はしましょう!!

エスティ


ファンデーション

ファンデーションは目の下の頬部分はしっかりカバー
それ以外はできるだけ薄く。
「後日写真を見返したら顔が真っ白だった」
なんてこともありえます。

ベストな色みを探すことは難しいですが、
多少ファンデの色が合っていなくても
「全体的に薄く塗れば」大丈夫です。

また、全体を薄くして
目の下だけ厚みをつけると、不思議!!
それだけできちんとメイクしたように見えます!

このやり方は毎日でも実践していただきたいので
とにかくファンデーションは”厚み”を意識してください。

小さなシミは気にしない。(きにするとそこも濃くなる)

大きなシミはファンデーションかコンシーラーを重ねる
(重ねた部分にはきちんとパウダーファンデーションか
フェースパウダーを重ねる)

etvos


赤リップは×

純粋に目立ちすぎますし、
ファンデーションの色も白く見える危険があるので
こうゆう時には使わないのが一番。

ピンクベージュかコーラルベージュで!!


アイカラー

アイカラーは一番使い慣れた色。
ブラウンか、ブラウンがくすんで見えてしまう人は
明るくてうすいピンクをアイホール全体に。

できれば、少しキラキラとラメかパールのあるもの
の方が、華やかな印象になります。

ラインが苦手な方は、パレットに入っている
一番濃い色を小さなチップで慎重に線を引きましょう



チーク

チークは笑うと高くなる部分にブラシで
チークは似合う場所が
人によって違うんですが
ここでお伝えするやり方に関しては統一させます。

華やかな時は
ちょっと濃さも欲しいです。

ただ、濃く広く入れてしまうと
「チークの人」になりますので
あまり広がりすぎないように
慎重にいれましょう


眉はしっかりめに
薄い眉は幸が薄く見えてしまったり
老けたり疲れたり見えやすいので、
こういったきちんとすべき時は
眉はしっかり描きましょう。

普段は眉毛も描かないという人は
眉尻の部分にパウダーかペンシルで描き
眉頭の方は眉尻につけたパウダーかペンシルをぼかすように
ブラシに粉をつけずにぼかしましょう


時計
いかがでしたでしょうか。
”普段メイクをほとんどメイクをしない人
を想定したので、
簡単といえば簡単なことですが

いっぱい写真にとったり

そもそも笑顔が溢れる華やかな場所なので
メイクについてもきちんと準備をして

当日は”メイクのことを考えなくてすむ”ように
事前にがんばりましょう!!

当店では、マンツーマンで
・お顔の骨格分析
・パーソナルカラー診断
・メイクレッスン”を行っています。

気になる方は、まずはビフォーアフター(こちら)
をご覧ください