ビフォーアフターはこちら

ナチュラルにしたいんだけど
立体的に見せたい。。

外人とは何から何まで違うんだけど

特に目とか鼻のあたりが全然違う

そんな方いませんか?
私がそのタイプです。


のっぺりして
パーツの間が広い。

直接パーツ同士を近づけることは
当たり前ですができませんので

そこに”暗い色”をのせて引き締め

凹んで見えたり、
少し近づいたように見せる錯覚で
”ちょっと立体的になった!”と思えるゴールを
目指しましょう!

”ノーズシャドーはギャルだけがするもの”と
思いがちですが
ギャル
全然そんなことはありません!!!

ナチュラルメイクでも
上手に取り入れることで
さらに完成度がまします。


ということで、今回は
ノーズシャドーにチャレンジ!

昔は結構暗い色をつかっていましたが
最近は肌よりほんのり暗い程度の色を使うのが
ずっと流行っています


ノーズシャドーのポイント

ブラシが大事

顔の中心部分に影を作るのは
自然にやらないと不自然に見えるので難しいです。

アイメイクをイメージしてみると
目尻をぼかすと
目頭側をぼかすの、
不自然に見えやすいのは後者です。

なので、粉がベタッとついてしまう
チップはおすすめできません。

小指よりももう少し小さめの穂先のブラシで
毛先が柔らかいものを準備しましょう。


パウダーが大事

選ぶ特徴としては
・明るめのブラウンもしくはグレーのパウダー
・ラメの入っていないもの
カフェ
※目の休憩所としてのイラストです笑

上記に当てはまりやすいのがアイブロウパウダーです。
お持ちのアイブロウパウダーで
良さそうな色があれば、それを使いましょう。


場所が大事

一般的にノーズシャドーといってイメージされるのは
眉近辺にのせるものと
鼻筋や小鼻にのせるもの

が一セットになっているイメージですが

今日テーマにしているのは前者の方。

眉の下をメインに塗って
立体感を出す方です。

塗り始めは眉の下、
黒目の上、のあたり

眉の中からかき始めるのがやりやすい。
そこから顔の中心の向きに

眉の下を通りながら
少しずつ太くしながら

最後は鼻筋の一番低く細い部分まで

大切なのは
鼻筋の中には絶対入らないように気をつける
ということ

鼻筋に影が入るのは不自然ですし
鼻筋が細くくびれてしまうと
その対比で小鼻が大きくみえてしまいます
ししまい犬
※こちらも完全に目の休憩
猫より犬派です


いかがでしたか?

ノーズシャドーを上手に入れると
周りの人からは
何かが違うけど
何が違うのかわからない!

みたいな
嬉しい反応になる可能性大です!

ぜひチャレンジしてみてください!


当店では、マンツーマンで
・お顔の骨格分析
・パーソナルカラー診断
・メイクレッスン”を行っています。

気になる方は、まずはビフォーアフター(こちら)
をご覧ください