ビフォーアフターはこちら

大体30代半ば以降の方は
メイクレッスンで「若く見せたい・元気に見せたい」

と言われる方が多いです。

私は今でも大人っぽく見える事に憧れがあるので
もちろん自分みたいな例外の方はいらっしゃいますが、

大人っぽく見せたくても
老けて見せたくはない。

欲張りよね。ほんと欲張り。
おせち
でもそう思って行動できる人が
最終的に一番若いんでしょうね。

もちろんメイクに限らず。

基本的に出不精な私は耳が痛い話でございます。


さて、いつも通り前置きが長くなりましたが、
今日は、そんな方に

見直すチェックポイントをあげてみました。


ポイント1


リップの色

すっぴんで口紅をつけた時に
・口紅が濃すぎる・目立っている
・顔が強く見える
・顔が平面的に感じる
・何も変わっていない

などは老け顔に見えている可能性高しです。
そして、若く見せるために”盛る”こともできていない。

色が濃すぎるのは顔をガチャガチャした印象にします
マットリップも流通してますが
若く見せたいのであればリップには
自然にツヤがある方が断然良いです。

上のいづれかに当てはまってしまった方は
ちょっとピンク、かちょっとオレンジ
(これはご自身の肌色によって似合うのが違います)
で自分に似合う色を探しましょう。

モテ色・ワカクミセタイ色は、エスティローダーがおすすめ。

エスティ


ポイント2


目元の色を締めること

年々アイライナーが引きにくくなって
引かなくなった、という方に
アイシャドウを引くと
「やっぱり大切ですね!!!」と言われる率たかしです。

細く引くのは難しいんですけど、
メイクは全て”慣れ”です。

パソコンを毎日使う方はタイピングが早いし、
たこやき屋さんはたこやきをひっくり返すのが上手だし、
主婦の方は
女子力あげよ♪とか言ってる20代女子より断然料理が上手でしょう。

全ては練習。朝時間がなければ夜落とす前に練習。苦手意識は一旦置いとく。
「自分不器用ですから」とか言わない!!

手鏡の位置を見やすいようにずらすことを意識して
チャレンジしてみてください。


ポイント3


眉の濃さ

これも大切。

年齢を重ねると
まゆげもまつげも薄くなります。

悲しいかな。

だからね、フサフサ感が欲しいんですよ。

さっきの目元をライナーで締める行為も一緒。
「わたしのまつげまだ生えてるよ〜」ってゆう主張ですね。
いぬ

で、眉毛はとくに眉尻側は
ペンシルでしっかり濃く書いて
全体的にはパウダーでちゃんと地肌に色をつけましょう。

パウダーで眉を埋める時は
眉頭は遠くの鏡を見ながら、
それ以外の部分は手鏡でしっかり埋めるイメージでやりましょう。
眉頭を近い距離にある手鏡を見ながらやると
ゴルゴみたいになる可能性タカシ。


さて、いかがでしたでしょうか。

ふと思ったけど
やっぱり綺麗な人が世の中多い方がいいよね。
そして、「今自分はそんなにいけてない」と思ってる人が
実はメイクするとめっちゃ綺麗じゃん!!!ってなったりするから
そうゆうのがやっぱりメイクは楽しい!!

パレットに入った粉とか、ボトルに入った液体とかで
綺麗になるってほんと魔法みたいだわ!!!

よし!私ももっと頑張ろう!!

苦手な人はぜひ来てみてくださいねー(^ ^)


当店では、マンツーマンで
・お顔の骨格分析
・パーソナルカラー診断
・メイクレッスン”を行っています。

気になる方は、まずはビフォーアフター(こちら)
をご覧ください