ビフォーアフターはこちら

昨日は美女のグラデーションについて

そして、レッスンに来られる方のモチベーションについて書きました。

こちらは昨日のブログ↓
美女のグラデーション

 

で、ここからは個人的な意見で

メイクってやっぱり大事だよ

という部分を深く書きます。

 


 

ある女性

がいるとして

 

a、すっぴん

b、ナチュラルメイク(自己流)

c、ナチュラルメイク(プロ)

 

だと、美しさではどんな図式が成り立つでしょう?

 

a<b、自分でメイクした時はすっぴんより綺麗になる

a<c、プロにメイクしてもらってすっぴんより綺麗になる

まぁこれは当たり前ですよね。

花束


たまにですが、

b<a、メイクするよりすっぴんの方がいい、という状態
になることがあります。

これは自分の特徴をわかっていなかったり
メイクの知識が乏しかったり偏っていたりすると

起こります。

 

なので、正しくメイクすれば絶対にすっぴんより
綺麗になる、という事は

簡単にですが、お伝えしました。


では次に

メイクをしっかり覚えたい、と思った時に

躊躇する壁があります

それは

”価格的な問題”

です。

今日はこっちが本題。

シャングリラ


 

最低限のものですませようと思うと、

ざっくり、6000円くらいですみます。

下地
コントロールリキッド
リキッドファンデーション
フェースパウダー
チーク
ハイライト
シェーディング
アイブロウペンシル
アイシャドウ
アイライナー
マスカラ
リップ

百均のコスメを使わなくても
このくらいのロープライスが実現するのです。

 


逆に百貨店ブランドなどで
上記と同じ品数揃えるとどうなるか。
ざっくり47000円くらい。

その差41000円

 

例えば、このフルセットを
半年間で使いきるとします。
(ベース類はもっと早くなくなりますが
ポイント類は割と持つのでここはならして半年で)

 

そうすると、1日大体227円です。
”なくなったら買う”というスタイルでいれば

この227円がずっと続くわけです。
(ちなみにプチプラコスメでいくと1日33円)

etvos


では、今度は、

生涯を通してかかるメイクのお金

について。

ある女性が20歳からメイクを初めて65歳くらいまでメイクをしたとすると、
45年間のメイク歴になります。

で、百貨店コスメ派であれば、
ほんとにざっくりですが
423万円。

プチプラ派は
54万円。

 

めちゃかかっとるやないか。

と思いますね。正直笑

 

こんなメイク人口を減らすような数字を
出したかったわけではないんですが。

 


でね。
ただ数字の字面を見て「たっか!」

と思うだけで終わって欲しくないのですが

このお金かけて

どれだけ綺麗でいられているのかということなんです。

プロのメイクさんであれば
これだけの道具揃えればそれはいい仕事できるでしょうから
きちんとその分対価としてのお金が残ります。

でも、

普通の人にはそのお金で
何が残るのか

という事です。

ネイル


・人前に出られる安心感が得られる。

・綺麗になる。

・楽しい

これらはメイクが担ってくれている大きな役割。
でも、それプラス

メイクは時に
・自分にもっともっと自信が得られるようになる
・周囲とのコミュニケーションが円滑になる
・実際に周囲からの扱いが変わる
・人生のターニングポイントが良い方向に進んでいく

という、風が吹くと桶屋が儲かる的な要素も多分に含んでいます。
(一見すると全く関係がないと思われる事にも影響が及ぶということ)

 


で、こんなメイクのプラス要素を
423万円で買えているという人もいれば
(要は良い道具があるからそれでメイクも上手になって美女になって
自分もハッピーで周りもハッピーで結果人生ハッピーみたいな)

423万円出しても買えていない人もいます。
技術や知識が足りていないので、生かし切れていない状態。
一番もったいない。

 

54万円でも54万円分の効果を出している人もいれば
54万円以上の価値を出せている人もいます。

54万円以上の価値を出せている人は
練習している人、雑誌などを見て練習している人、習っている人、
自分を客観視できている人、などです。

時計


 

ちなみに、私のサロンで一番多い
骨格分析+5回レッスンは5万円弱です。

生涯出すメイク代を考えて
そのメイク代にもっともっと価値をつけられるものだと考えれば
決して高い金額ではないです。

 

理想はね。
54万円+5万弱で60万くらいで
超絶綺麗になってハッピーな人生送るのが理想ですけどね。

ちょっとこれだとプチプラすぎて

肌とかが心配なのでもう少し張るかとは思いますが

423万はかけなくても十分いけます。

 


まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

・結構メイクってお金かかってる

・で、そのかけたお金でどのくらいペイできてる?

 

という事をメインにお伝えしました。
このあたりは自分以外の女性の意見も聞いてみたいです。

 

今回は

1日という小さな単位から”人生”という最大単位までを

ざっくり見通したので、

細かいシチュエーションや計算は省いておりますが

いろいろと考えたり見直したりするきっかけにしていただければと思います。

もう少しこのあたりのテーマで

お伝えしたいことがでてきたので、次回もこんな感じのテーマで

お送りします!


当店では、マンツーマンで
・お顔の骨格分析
・パーソナルカラー診断
・メイクレッスン”を行っています。

気になる方は、まずはビフォーアフター(こちら)
をご覧ください