ビフォーアフターはこちら

さて、シリーズも後半になってきました!
過去の投稿はこちら

<実録パーティメイクvol.0>
かわいめ?きれいめ?
どっちにしろゴージャスを足さないと顔だけ貧素になっちゃうよ
こちら
↑クリックすると飛びます
<実録パーティメイクvol.1>
眉毛もよそ行き仕様になってますか?
こちら
↑クリックすると飛びます

<実録パーティメイクvol.2>
ベースメイクは隣の人よりカメラを気にするべき!
こちら
↑クリックすると飛びます


さて。本日は第三弾!

<実録パーティメイクvol.3>
アイメイク今日の盛り方全部。

今日の盛り方とか言いながら
もうだいぶ月日が過ぎてしまっていますが。。


工程1
ベースカラー
(パレットに入っている一番明るい色のやつ)
これは普段よりもたくさんのせます!
パールや細かいラメがあると、これを乗せただけで
目元がふっくらして明るい印象になります。

 

これを ブラシを使って
(チップだと筋になりがちなのでブラシで!)
目と眉の間を目の方から徐々に上に向かって塗る。

 

遠くの鏡を見てしっかり明るくなったなと思うくらい
きちんとのせましょう。

IMG_0305_s


工程2
ミディアムカラー
ここでポイントですが、
特別普段と色を変えたりする必要はないです。

一番自分の顔に馴染んでいて似合っているという色を
きっちり、普段より少ししっかりめにのせます。

ちなみに、私は目がちょっと腫れぼったくて
奥まって見せた方が大きく見えるので

ミディアムカラーからグラデーションになるように
3色くらい使います。

一番薄い色はアイホール全体に。
(アイホールは手で触るとわかりますが目周りの骨の部分!
これよりも内側を塗っていきます)


工程3
で次に薄い色はその一回り小さめに

工程4
その次に薄い色はそのまた一回り小さめに

めんどくさいですが、
グラデーションは1色だけを使ってやるのが一番難しいのです。
なので、多色使いすればその分簡単になるのです。

で、できればそれぞれの工程で
きちんとぼかしましょう。(得にお出かけの時のメイクは)

ブラシはアイメイクとかに使えそうなくらいの大きさで
毛量が多くてふわふわしてるのが理想です。

(世の中にはブレンディングブラシというものが存在しますので
ぼかしが苦手な人は買ってみてください!
テクニックよりも道具で解決することがメイクは以外と多い。)


で!今度はキワね!
今まではまぶたというか、目を全体に大きく見せるワザ。

ここからはキワをぐっと濃くして印象を強くする作業。

これを忘れてしまうとただただ老犬のようになるので、お気をつけを。

IMG_0574_s


 

工程5
ペンシルアイライナーを使って
まぶたのできるだけキワ(まつげがあるので、完璧にキワに塗る事は
できないですがそれでOK)
を左右に少しずつペン先をぐりぐりと当てて濃い線を描いていきます。

少々ずれたりしても大丈夫。後でぼかすから。
大事なのは濃く描くこと。ぐりぐりと。

 


工程6
で、次にぐりぐりした部分に粉(アイシャドー)をのせていきます。

で、ここでも技というより道具の大切さなのですが、
締めカラー(一番濃い色)で、黒をもっておいて欲しいのです。
黒、ありますか?
みなさん、持っててブラウンくらいが多い印象です。
黒の方が圧倒的に引き締まります。

ない人は単色で良いのでぜひ一つ持っておきましょう!
で、これを細くて固めのアイメイクブラシで
さっきの線に粉を塗っていきます。

一通り塗ったら、これをぼかしていきます。

二重の線がある方は二重よりも上までぼかします。


工程7

黒よりも少し薄いブラウンで、
今ぼかしてたラインとさっきまでのミディアムカラーの間を
うっすら塗って、これらの隙間をわからないようにさらにぼかします。

IMG_0253_s


工程8
リキッドアイラインを引きます。
ここまでいろいろ塗ってたら、もう目のキワはだいぶ
しっかり濃くなってるんですが、
それでもリキッドアイラインの存在は大きいもので。。
これをするかどうかで目元の輝きが変わります。

太さは正直目の形によっておすすめが変わるのですが、
まずはまつげの上に細くキワにラインを入れましょう。
その次にまつげの間を点打ちしてどんどん埋めていきましょう。

目尻は少し伸ばしますー。
おすすめは目の形を生かしてそのまま下がるラインをまず描いて
そこから少し上げるライン。

一回下げて上げることで、目元の丸みをそこまで失わずにすみます。

それから私は奥二重ですが、やはりパーティメイクの時は
少しラインは全体的に太くします。
二重を3分の2くらい潰しちゃう感じになりますが。

そして、リキッドラインのまっすぐさをそのまま生かしてもいいですが
私はちょっとだけぼかしてなじませます。

 

 


工程8
ビューラー

工程9
ビューラーして少しまつげが上がるので、
下からリキッドアイラインを点打ちしてさらに埋める

工程9
マスカラ


工程10
つけまつげ
やっぱりつけまつげはいい!
目元の濃さが全然違う!
マツエクをしている方はつけまつげせずでOKだと思います

昔チャレンジしてできなかったって言う方も
ぜひ練習してみてください。
たぶん3〜5回くらいやればかなり上達するので

ぜひ数日前から練習を!!

IMG_10201


さて。
こんな感じで、ざっくりと工程をなぞっただけでも
10もステップふんでました。

そりゃメイクが苦手な人はこんなできないよね。。

顔を美しく作ることはセンスでもないし、本当に
どれだけ適切に道具を使えるかと練習なんです。

工程10までフルマスターするのは難しいかもですが笑)
でもぜひぜひやってみてくださいねー♡


<お知らせ>
8月に素敵な新しいレッスンの
リリースがありますので、そちらの情報もお見逃しなく♡
(8月は期間限定?人数限定?でモニター価格でお試しいただけます)
サロン(福岡県)から遠方の方も受けられますー(^ ^)

情報はライン@にご登録いただきますと
確実に届きますので
ご興味のある方はぜひ登録だけでも〜♡

ライン@登録はこちら


現在8月のご予約を承っております✨


一般の方向けレッスンは骨格分析+5回レッスンが一番人気です(^ ^)

ご予約はこちらから
ご予約ご希望の場合、かならず注意事項も合わせてご覧ください。

 

メイクのお仕事をしたい方へもカリキュラムをご用意しておりますので、

ぜひお問い合わせください!