ビフォーアフターはこちら

赤リップメイクで”慣れてますよ”感を出す方法。

赤リップメイクってずーっと
流行ってますよね。

ちょっと前までは
”毎日赤リップ!”

みたいな人が多かった気がしますが、

今はちょっとそれも落ち着いてきて

バリエーションの中に”赤リップメイクがある”という感じ。


ただ、赤リップは色味が鮮やかなので存在感が強く

他のメイクと同じように仕上げていくと
濃いメイクになってしまったり
肌がすごく白くなったりします。

なので、赤リップだけど
きちんとその人自体やお洋服との調和が取れている

という状態を目指してやっていきます!


ドレスが似合うような眉も目元も唇もはっきりした
”ばっちり赤リップメイク”もありますが
どっちかというとラフな洋服にも似合う赤リップのメイク法を
ご紹介します!



ポイント

服を着てからメイクする

これは赤リップと服との色味を
きちんと合わせるためです。

赤リップも、ひと塗りで濃くなることもありますが
たいていは重ね塗りして濃くする場合が多いので

服が白や黒などの無彩色であれば濃く塗っても良いですが
(あと服が赤の場合も)
そうでない場合は少し色味を抑えた方が馴染みます。

お洋服ときちんと馴染みつつ自分が出したい色味まで
出すのがポイント
エスティ


ポイント

メイクアップの順番を変える

下地→口紅→ファンデーションなどのベースメイク→眉→アイメイク→チーク

この順番です。
最近まで、
下地→ファンデーション→口紅

の順番を推奨していましたが、
ファンデーションを塗った後に口紅を塗ると
口紅を薄くしないと馴染まない、という状況になることがあります。

なので、下地を薄く塗り口紅を塗る。
それに合わせてファンデーションを
必要な部分から塗っていき、”浮かない””白過ぎない”ベースを作っていきます。


次はアイメイクではなくアイブロウ、眉毛のメイクです。
赤リップをした時に、例えば
目元の存在感を少し柔らかくした法がバランスがとれる 、という場合

柔らかさを出す方法はいろいろありますが、
アイメイクをうすくするか、眉をうすくするか、という
2択にした場合、
アイメイクを薄くした法が良いです。

眉毛を薄くすると
”メイクが未完成に見える”
”老けて見える”
”寂しそうに見える”といった現象が起こります。

目元のメイクを薄くする場合は
カラーを抑えめにして、キワにきっちりラインを引けば
ナチュラルだけれど眉に起きていたようなマイナスな印象は出にくい。

以上の理由で、
リップとベースができている状態に、次に着手するのは眉メイクです。

いぬ
関係ない画像。笑
文字の多いブログなので
目の休憩場所として貼ってます。笑


ポイント

色味を使い過ぎない

これは当たり前ですが
”真っ赤”など鮮やかなお洋服をトップスに持ってきた時に
ピンクとかブルーとか、あまり持ってこないですよね。

できるだけ”無彩色”の黒、白、グレー
などを使うと思います。

なので、
チークとアイメイクはあまり色を使いすぎないように
注意しましょう。

基本、アイメイクはグレーかうすいブラウンを使います。
チークはほんの少し肌に色がつく程度のペールピンクを使います。


いかがでしたでしょうか。
赤リップは簡単に印象が変わるので
バリエーションの1つとして持っておくのはとてもおすすめです!

ぜひ練習してみてください!


当店では、マンツーマンで
・お顔の骨格分析
・パーソナルカラー診断
・メイクレッスン”を行っています。

気になる方は、まずはビフォーアフター(こちら)
をご覧ください