ビフォーアフターはこちら


 

レッスンに来られるお客様の中で多いのが

”メイクしているように見られない”という方です。

ちゃんと15分以上時間をかけてメイクをしているのに
そんな風に見えない。

もったいないですよね。

 


 

きちんとメイクをしている
(近くで見るとうすーく綺麗にメイクをしている)

けれども引きで見ると

あまり変化が感じられない

という方におすすめ!

 


 

目のある部分にメイクをすると

メイクをしている印象が増すのです。

どこかというと、

ずばり”下まぶたの目尻の部分”です!

(急所って言っちゃうと

触っちゃいけない場所みたいですがw

細かい言い回しは独特なので気にしないでくださいw)

aosora-10_s


 

ます、いつも通りにメイクをします。
次に、下まぶたと上まぶたが出会う
目尻のライン
(ここは三角形に少しくぼんでます)

そこに濃い色のアイシャドウを入れます。


 

ここはまぶたの皮膚などで隠れにくく、
メイクをした分だけきちんと見える場所です。

大抵メイクをしていないように見られる人は
メイクがかなり薄いか
アイメイクが上まぶたで隠れて見えない、というタイプが多いので

この方法は効果的です!
ぜひ試してみてください(^ ^)

 


 

注意したい点

・目がもともと離れている方は目尻のメイクは
やりすぎ厳禁です。
薄くつけるか、つける色みを少し明るくしましょう
(深みのあるダークブラウンではなく、明るめのブラウンに変えるなど)

・垂れ目さんはあまりさげすぎないように
三角形に入れるのではなく、軽く目尻のふちの輪郭をぼかす程度にとどめましょう

IMG_04_s


 

メイクしているように見られない、という方も
遠くの鏡で少しずつ確認しながら

自分のお顔に”メイクをしている感じ”が出ているのを確認しながら
実践してみてください(^ ^)

 


骨格分析+レッスン5回が現在一番人気のメニューです♡

 

ご予約はこちらから

メイクのお仕事をしたい方へもカリキュラムをご用意しておりますので、

ぜひお問い合わせください!